<   2005年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧
「時は金なり」の本当の意味・・・
「時は金なり」の本当の意味・・・

「時は金なり」という格言がありますね。

「時間はお金と同じくらい大切なものだ」という解釈をするのが
普通だと思います。


そんなことは分かってる! と思っていても、
過ぎ去ってからその価値に気付くことが多いですよね。

そして、また同じ失敗をしてしまうことも・・・
「後悔先に立たず」とも言いますね。



・・・いや、今回はそういうことを言いたかったのではなくて、
この「時は金なり」は、違う解釈もありかなと私は思うのです。

時間管理について考えたり、人が書いたものを読んだりしていて
思うのですが、時間とお金にはよく似た面があるのです。

例えば、

「この時間を何に使うか?」「どの仕事から先にやるか?」ということを
考えるのは、「このお金をどこに投資するか?」と考えるのと似ているのです。

「この投資先は投資に見合ったリターンが得られるか?」というのは、、
「この仕事は時間をかけてやる価値があるか?」と考えるのと似ています。

リスクを避けて分散投資をするように、安全確実な仕事をこなしていくという
考え方もできます。

ハイリスク・ハイリターンの投資をするように、一発逆転の仕事にかけると
いう考え方もできるでしょう。

長期投資をするのは、将来のためにコツコツと勉強する時間を取る、
というのと似ています。


そして、私が時間とお金が一番似ていると思うのは、どちらも

  自分が持っている残高を知らずに使うのは危険

だということです。

クレジットカードでたくさん買い物をするのと、安請け合いして、たくさんの
仕事を受けて、後で困ってしまう・・・これも似ているのではないでしょうか?

時間についても、「ご利用は計画的に」・・・ということでしょうか。



また、私を含めて、日本人は節約術にこだわる割には投資ベタだと思うのですが、
時間についても同じかもしれません。
(少なくとも、時間管理の本にはそういう傾向はあると思います。)


というように、

「時は金なり」という言葉は、
「時間は大切なもの」という意味以外に、

「時間の有効な使い方」は「お金の有効な使い方」と同じように
考えるべきだ、という解釈をすると面白いと思います。


ただ、一つだけ大きく違うところは、

お金は置いておいても減りはしませんが、
時間は、何もしなくても少しずつ無くなっていく。

ところですね。

今から少しだけ、「自分の時間の投資先」について
考えてみてはいかがでしょうか?
[PR]
by bizark | 2005-08-24 23:22 | 夢や目標を達成するために
すいません・・・
こんばんは。ミナクチです。

こちらのブログもぼちぼちとアクセスをいただいて
いるのですが、ここのところ更新できていませんでした。

私が管理するもう一つのブログ
(時間管理術研究所:右にリンクがあります)
の方で、連続ものの記事を書き始めたこともあって、
今はそちらの方に注力しております。

これまでほとんど書評しか書いていなかったブログ
なのですが、今は時間管理に関するテクニック論的な
記事を書き始めています。

書き出すと、長くなってしまって、こっちのブログが
なかなか更新できていないという状況です。

こちらのブログは、単発になりますが、ぽつぽつ更新して
いきますので、これからもよろしくお願いします。
[PR]
by bizark | 2005-08-18 02:33 | 気分転換に・・・
気が重い仕事を片付けるためのアイディア
あなたの仕事の中で、考えるだけで気が重くなる仕事って
あるでしょうか?

もしあれば、その仕事に対して、なぜ「気が重い」と感じるのか、
ちょっと考えてみませんか?

考えるのも嫌なことかもしれませんが、一度考えてみると、
解決策が見えてくることもあります。

 めんどくさい、嫌な人と話をしないといけない、時間がかかりすぎる・・・

いろいろあると思います。


私は、時間管理や、仕事のやり方に興味を持ち始めてから、
なぜ、この仕事は気が重くて、別の仕事はそうではないのか?
ということを考えるようになりました。


これから私が見つけた答えの1つを述べますので、
参考にしてみてください。


私の場合、「気が重く」感じる仕事の中で、一番多いパターンは

 時間がかかりそう

 手順が複雑

 どうやってやったらいいかよく分からない


というものでした。


逆に、さらっとこなせてしまう仕事は、

 やり方が分かっている。

 1つか2つの手順で済んでしまう。


というものが多いのです。



私の場合、技術系サラリーマンでしたから、
お客さんに提出する報告書を作成することがありました。

その中でも、気が重かったのは、初めての案件だったり、
お客さん指定のフォーマットで書かないといけない場合です。

下調べに時間がかかるので、どのくらいで終わるかが
よく見えない仕事なのです。


こういう仕事のときは、仕事をやりながらも、
「あれもやらなきゃ。これもやらなきゃ。」
と思ってしまいます。

実は、これが気が重くなったり、ストレスを感じる理由でした。

と、いうことは、
これをうまく解消できれば、もっと気が楽に仕事ができるはずです。



こういう悩みに対して、答えを述べている人もいます。
例えば・・・

ブライアン・トレーシー という人が書いた、「頭がいい人、悪い人の仕事術」
いう本があります。

この本、タイトルが中身と一致していないのが難点なのですが、
内容はとても面白い本です。

   ( ↓ ここで紹介しています。)
   http://jikan.livedoor.biz/archives/29441314.html

その本をちょっと引用します。

スイスチーズ・テクニックを実践する

  スイスチーズのかたまりには多数の穴があいている。
  仕事をスイスチーズのかたまりだと思って、穴をあけよう。
  細切れの時間も使って少しずつ穴をあけていけば、
  しだいに穴が増え、いつしかチーズのかたまりは消えてなくなる。



似たようなことは、他の人も言っていますし、
いいやり方だと思います。

確かに、少しずつやっていくと同時に、気の重さも解消していくと
思います。

ですが、私はこれに少し付け加えたいと思います。


気が重くなる理由の1つは、その仕事を片付けるまでにやらなければ
いけない「こと」が多いことです。

やることをリストアップしたとすると・・・

「Aについて調べておく」
「Bについて○○のデータをもらう」
「報告書のフォーマットをダウンロードする」
「Aについて書かなきゃ ・・・ どういうふうに書こうか?」
「Bについて書こう ・・・ 他に必要なデータはないかな?」
   ・
   ・
   ・

というふうに、やらなきゃいけないことが次々と浮かんできます。
これでは気が重くなるのは当然ですよね。

ここで、発想を少し変えてみましょう。


この仕事は2人でやるものと考えてみたらどうでしょうか?
(実際は1人でやるとしても、です。)

まず、あなたは「下調べ・段取り」をする人になったと考えます。

報告書を書く同僚のために準備してあげていると思ってください。
そう思うと、結構気が楽になるものです。

報告書を書くのはあなたではありませんので、
書く作業については考える必要がなくなるわけです。

これだけで、意外と下調べや段取りに集中できるものです。


それが終わったら、今度は「実際に作業する」(報告書を書く)人になります。

  「自分は書かないでいいと思ってたのに!」と
  うまくだまされた感じがするかもしれませんが ・・・ (^_^;)

実際書き始めてみると、、
段取りがすべて終わっていると、すんなり書けるものです。

書くことだけに集中できるためだと思います。


というふうに、2人で分けて仕事をすると考えると、
ストレスの種だった仕事が思ったよりも楽に片付いたのです。
「あれ、もう終わっちゃったよ。」 と自分でも驚くほどです。

仕事を2つに分割することで、「あれもやらなきゃ」 の数が
半分ずつになって、それぞれの仕事に集中できる効果が
得られたのだと思います。


以上は、私の例ですが、
あなたの仕事でも同じように分割できるものがあると思います。

まずは、
 
 「段取り・下調べ・準備をする人」

 「実際に作業する人」


の2役に分けられないか、考えてみてはいかがでしょうか?

予想以上の効果が得られるかもしれませんよ。
[PR]
by bizark | 2005-08-07 13:15 | 明日から役立つノウハウ
トップ








あなたは時間に追われるように生きていませんか?  時間を無駄にしてしまったと後悔することはありませんか? このブログは時間をうまく味方につける方法について研究します
カテゴリ
以前の記事
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

このブログで
あなたの気が楽になったり、
役に立つなと思えることが
あったら・・・

人気blogランキングへ1票
(↑ クリック!)
おねがいします。





K.MinakuchiのProfile

19??
 北陸地方に生まれる
1986
 大学で化学と関西弁を学ぶ
1993
 同大学院修士課程修了。
 自動車部品メーカーに勤務
1996
 会社勤務をしながらスクーバ
 ダイビングの修行を始める
1997
 ダイビング修行の成果として
 ダイブマスターを取得
2000
 オープンウォータースクーバ
 インストラクターの資格を
 取得する
 数百人の生徒さんを海に
 案内し、人から感謝される
 喜びを知る
2000
 自ら開発した製品が大ヒット
 したのはよいが、仕事が強烈
 に忙しくなってくる。
2003
 開発した製品と共に、
 研究部門→開発部門
 →生産技術→品質保証と
 各部門を渡り歩き、各部門の
 華やかな部分と泥臭い部分
 を経験。
2005
 会社勤めの中で
 編み出した時間管理手法を
 世に問うべく会社設立。

ビジネスツールデザイナー
有限会社ビズアーク 代表

手帳研究家



信条は・・・
努力と才能ではなく、環境とツールがあなたを変える!







このブログでは時間に対する私の考えを主に述べています。
もう一つ、時間管理術のテクニック的な部分と、書評を書いているサイトもありますので、そちらも見ていただけるとうれしいです。
      

時間管理術研究所 by K.Minakuch



検索
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
di355dsc
from di355dsc
xpeurano zial
from uulex eah
famous brune..
from famous brunettes
porn stars e..
from porn stars esc..
woman shitin..
from woman shiting
transsexual ..
from transsexual po..
females domi..
from females domina..
travestie ad..
from travestie
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧