時間管理のタイプ研究ー2 ・・・ 私の職場の人達
私が時間管理の方法について悩んでいた頃の話です・・・


周りの人達の時間管理方法を観察することで、何かヒントが得られないか?。
という発想で職場の人達を観察してみました。

その結果、私の職場の人達は4つのタイプに分けられることが分かりました。
それぞれのメリット・デメリットとともに紹介します。

あなたはどれにあてはまるでしょうか?


1.頭にインプット型 (手帳なんか使わない!派)

   前回説明した通りです。
   いかにも仕事人間ってタイプの人に意外と多いです。


2.パッシブ手帳型 (とりあえず予定だけは書くタイプ)

   手帳を積極的に使ってない、という意味でパッシブと命名しました。

   このタイプのメリット


     ダブルブッキングの悲劇は起こりにくい。
     (ただし、手帳に書く習慣が身についていないので、予定を書くこと自体を
      忘れてしまい、ごくまれに悲劇が起こっている様子です・・・。)

     スケジュール以外は書かないので、管理に伴う負担が少ない。


   このタイプのデメリット


     会議の予定や、他の人と会ったりする予定しか書いていないので、
     自分の仕事についてはコントロールしきれていない。

     つまり、アポイントの管理はしているけど、時間管理とは言い難い状態です。
     当然、自分の仕事時間はコントロール出来ていないのです。
     アポイント管理以外は、1の頭にインプット型と大差無いように見えました。


3. ITモバイル型 (PDAを使って時間管理)

   PDAは私も使いました。まだ白黒表示しかなかった頃に飛びつきました。
   このタイプはメリットとデメリットがはっきりしています。

   このタイプのメリット


      アポ管理が精度良くできる。
      何といってもアラーム機能がついているのが大きなメリットだと感じました。

      毎週とか毎日ある、くり返しの予定は毎回インプットしなくても表示してくれる。

      何となくカッコいい・・・当時はカッコよく見えたんです・・・(^_^;)


   このタイプのデメリット

   
      表示を切り替えたり、インプットしたりするのがかなりの手間になる。

      紙の手帳ならパラパラっとめくれるところが、キーやペンでいちいちタッチ
      しないといけない ・・・ これは結構ストレスでした。

      週の表示にすると細かい予定が見えないし、
      表示を切り替えるのがめんどくさいし・・・、


   と、いうことで私は使わなくなってしまいました。

   ちなみに私はパソコンに不慣れな訳ではありません。
   10代からパソコンに触れていたので、ITに対する拒絶反応とかは全然無いです。

   そんな私でもPDAには我慢できませんでした。
   これを使っている人を見ると、我慢強いなー、と感心してしまいます。

   発想を変えて、高機能な目覚まし時計と思って使えば良いのかもしれません。
   そういう意味では、今は携帯のスケジュール機能は便利です。


4.パソコン使用型 (グループウェアとかアウトルック類似ソフトを使う)

   このタイプのメリット・デメリット


    PDAと同じメリット・デメリットを持っています。

    パソコン上で使えるので、見たり書いたりするのはPDAよりはだいぶマシでした。
    ただ、パソコンから離れると、アラーム機能の意味が無くなってしまいます・・・。

    このタイプはパソコン上でしかインプット出来ないので、インプット忘れによる
    ダブルブッキングの悲劇が起こりやすいです。
    (私の場合、2.のパッシブ手帳を使った時の方が悲劇は少なかったです。)

    グループウェアを含め、パソコンによるスケジュール管理ソフトは、
    まだ進化の途中、という感じがします。まだまだ使いにくい・・・(-_-;)


    職場でグループウェアが導入されても、真面目に使う人がほとんどいなかった
    のが、それを物語っている気がします。今後に期待しましょう・・・。



当時の私の職場にはいなかった時間管理のタイプとして、もう一つ



5.アクティブ手帳型


と私が分類しているものがあります。

積極的に自分の時間、仕事、目標、人生!をコントロールしようというものです。
(どの段階をコントロールしようとするかは、その手帳によって違います。)

残念ながら、私がいた会社には使っている人は居ませんでした。
一部上場企業だったのですが、実態はそんなもんです・・・。



現在の私としては、あなたがこのタイプになることを強烈におすすめするのですが、
この中にも色々なタイプがあります。選ぶのに迷うくらいです・・・。


そういう私は、この中の某偉人さんの名前がついた手帳を使ってみたのですが、
結果として長続きしませんでした。

その後、色々な手帳を買い込み、研究しました。
分かったことは・・・


時間管理や目標管理を勧める人が作った手帳には、
何を重視するか?という点でかなり主観が入っている。

ある人にとって良かった手帳が自分にとって良いとは限らない。


ということでした。

手帳を選ぶ時は、自分の目的をよく考えないと、あとで後悔することになります。

手帳の選び方について、次回から話していきます。
[PR]
by bizark | 2005-06-25 20:39 | 時間管理のタイプいろいろ
<< たまには夜空を・・・ 私がこのブログを始めた理由 >>
トップ








あなたは時間に追われるように生きていませんか?  時間を無駄にしてしまったと後悔することはありませんか? このブログは時間をうまく味方につける方法について研究します
カテゴリ
時間と心理学
手帳の選び方
時間のストレス
明日から役立つノウハウ
時間管理のタイプいろいろ
夢や目標を達成するために
気分転換に・・・
 
私がこのブログを始めた理由
 
手帳開発プロジェクト
以前の記事
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

このブログで
あなたの気が楽になったり、
役に立つなと思えることが
あったら・・・

人気blogランキングへ1票
(↑ クリック!)
おねがいします。





K.MinakuchiのProfile

19??
 北陸地方に生まれる
1986
 大学で化学と関西弁を学ぶ
1993
 同大学院修士課程修了。
 自動車部品メーカーに勤務
1996
 会社勤務をしながらスクーバ
 ダイビングの修行を始める
1997
 ダイビング修行の成果として
 ダイブマスターを取得
2000
 オープンウォータースクーバ
 インストラクターの資格を
 取得する
 数百人の生徒さんを海に
 案内し、人から感謝される
 喜びを知る
2000
 自ら開発した製品が大ヒット
 したのはよいが、仕事が強烈
 に忙しくなってくる。
2003
 開発した製品と共に、
 研究部門→開発部門
 →生産技術→品質保証と
 各部門を渡り歩き、各部門の
 華やかな部分と泥臭い部分
 を経験。
2005
 会社勤めの中で
 編み出した時間管理手法を
 世に問うべく会社設立。

ビジネスツールデザイナー
有限会社ビズアーク 代表

手帳研究家



信条は・・・
努力と才能ではなく、環境とツールがあなたを変える!







このブログでは時間に対する私の考えを主に述べています。
もう一つ、時間管理術のテクニック的な部分と、書評を書いているサイトもありますので、そちらも見ていただけるとうれしいです。
      

時間管理術研究所 by K.Minakuch



検索
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
di355dsc
from di355dsc
xpeurano zial
from uulex eah
famous brune..
from famous brunettes
porn stars e..
from porn stars esc..
woman shitin..
from woman shiting
transsexual ..
from transsexual po..
females domi..
from females domina..
travestie ad..
from travestie
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧